トップ

新卒に向けた求人を活用

学校卒業後の就職求人

営業職

新卒採用求人について

大学や高校を卒業してすぐに就職する人に向けての求人は新卒採用と呼ばれますが、業種が多種多様であり、学校による就職サポートを受けることができるチャンスですので、うまく活用して就職に結びつけることが大切です。一度卒業してしまうと既卒者の扱いとなり、新卒時には当たり前であった便益を受けることができなくなります。既卒者向けの求人は数や業種に限りが生じます。後で後悔してもどうしようもないことですので、くれぐれも肝に銘じておくことが大切です。大学や高校の側でも重要性をアピールすることが必要であろうと考えられます。

対象は新卒だけでなく

求人と言うと、どうしても学校を卒業したばかりの人たちを対象に考えがちですが、特に中小企業などの場合は、採用が難しくなります。高校や大学でも、変に色が染まっていない人を採用し、自分たちの手で育てたいという思いが出がちですが、そこにこだわると思うような求人活動はできません。むしろ、新卒を狙わずに、既卒や第二新卒を狙うのがいいでしょう。確かに、一度特定の企業の色に染まったと言えば言えますが、そこで何らかの挫折を経験している人たちは、その経験が財産になっている可能性があるのです。今度就職したら同じ失敗を繰り返さないという気構えもできています。

↑PAGE TOP